NOSE三郷店 スタッフブログ

埼玉県三郷市 クライミングジムノーズはボルダリング専用ジムです。スラックラインもありますよ!

2013年03月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

三宅島 クライミングトリップ!

2013/03/16(土) 16:04:33 外岩 EDIT
行って参りました!三宅島。フェリーに乗って6時間!

スケールが大きくてワイルドなクライミングエリア!
岩場の上部は黒い溶岩がそのまま固まってます。もろいです。
そして、ボルトがない!クラックだらけ。かっこいいね。
DSC03292.jpg

1日目(曇り 風強め)PO(パシフィックオーシャン)壁
・三宅マントル5.11b/c
・スダジイ探し5.10a/R
・海苔弁5.11a
・積木くずし5.10a
・ネックウォーマー5.10b
DSC03301_20130317135723.jpgDSC03302_20130317135722.jpg
旅の疲れを癒しつつ、のんびり登ります。さすがYFメンバーは外岩のムーブが上手い!

しかし油断してると波が押し寄せてずぶぬれに~。。
DSC03308.jpgDSC03314.jpg

夕陽もワイルドだぜ!
DSC03320.jpg
気がつけば、手も足も傷だらけ~。でもそれも楽しい!クライミング後は温泉へ。
冷えた体は温まり、傷がしみていてててとなる。

民宿薄木荘には、猫が沢山います。
猫好きメンバーは心ゆくまで猫を追いかけました。

夕飯には釣り客の方が釣ったお刺身が並びます!当たり前だけど新鮮で美味しい


2日目(晴れ 気温低め)黒潮壁
アプローチに懸垂下降をする更にワイルド感が高まるエリア。

・スナーウォーズ5.10d
・モイヤーモイヤー5.10a
・オーストンヤマガラ5.10b
・黒潮一番5.9
・見かけ倒し5.10c
・釣り糸5.10b

DSC03330.jpgDSC03369.jpg
「見かけ倒し」をオンサイトする店長。私はTRを張ってもらい、アドバイスを受けながらも核心部が抜けられず…

この日、講師の杉野保さんが三宅島最難ルート「宝島 5.12a」をオンサイトトライしました。

このルートは初登が山野井泰史さん、そして第2登(オンサイト)が新田龍海くんです。そんなわけで動画を撮りましたよ!是非、ご覧下さい。

三宅島 宝島オンサイトトライ

3日目(晴れ 最終日)PO壁
1日目は満ち潮で登れなかったPO壁中央エリアへ
この日は半袖で登れる初夏のような気候!最終日にこんなに晴れて、良かった!
しかし岩場は鳥のフンが凄い!「カラスバトマントル5.10a」というルートはフン害で見送りました。(トポによると、フンだらけのテラスへのマントルがある意味核心らしい。ふーん…。)

・MIYAKE INTRODUCTION5.9
・見返り御蔵5.10c
・喜島三宅5.10c

DSC03385.jpgDSC03389.jpg
「MIYAKE INTRODUCTION」は、グレードよりずっと難しい!「見返り御蔵」を登るYSKWさん。ジャミングが効かなくて大変なんです!杉野さんは「高度なジャミング技術が必要」と言っておられました。
山野井泰史さんが楽しそうに登っておられる動画はYSKWさんより。

という事であっという間の3日間。ずっと天気が良くて三宅島フリークライミングクラブのジムに行けませんでしたが、こちらのHPでは新しい情報を発信して下さっていて、とても参考になり助かりました。
三宅島フリークライミングクラブ
三宅島クライミングネット

こちらにも写真がアップされてます↓
YFクラブのイベント写真
杉野さん(CLIFF)のフォトアルバム

(いずみ)

追記:
YFクラブと杉野さんの写真を、ほんの一部ですが追加しました。

DSCN6358.jpgDSCN6378.jpg
フェリーは朝の5時に到着。      お世話になった薄木荘。

miyake35.jpgmiyake77.jpg
猫だらけ。              おいしいご飯。

DSCN6461.jpgmiyake53.jpg
「見返り御蔵」に苦戦する店長と温かく見守る杉野師匠。

miyake94.jpgP1020779.jpg
楽しかった!


スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

城ヶ崎でクラックを登る!

2013/03/02(土) 23:56:17 外岩 EDIT
YFクラブのイベント、ロッククライミング城ヶ崎(クラッククラス)に参加して来ました!

※クラックとは、岩の割れ目にプロテクションをセットして、ジャミングという登る技術を使うスタイルです。フェイスクライミングのようなヌンチャクをかけるボルトはありませんし、ランジやデッドポイントもありません。

クライミングを始めたばかりの頃、クラックは「痛そう危なそう汚れそう」で興味がわかなかったのですが、三宅島に行く事になり、そして最近のクライミング雑誌で見る外国クライマーが何とも格好よいって事で「練習しなきゃ」となりました。

天気予報は「洗濯日和」だったのに、伊豆急行に乗ったあたりからぽつぽつ雨が…
結局一日中降ったりやんだりでした。
しかし、さすがYFクラブ!時間的にも肉体的にも限界までガンガン登れました!

以下、登ったルート。

エリア「あかねの浜」
イソギク5.7
ツワブキ5.10a
ラッキー・ストーン5.10a
増長天5.8
キョロちゃん5.9(ガイドブックには載ってません)
ホタテクラック5.10bか5.10c(ガイドブックには載ってません)

「登り方分かってきたみたい」と思ったころには体はガクガク〜。所によりフィンガージャム、ハンドジャム、フィストジャムが決まるようになった…かな。バッチリ決まるサイズはいいんだけど、微妙なサイズになってくるとなかなか難しいですね。

DSC03260.jpg
波がどんと来りゃ!雨で演歌っぽくなってる海岸
DSC03261.jpgDSC03266.jpg
「増長天はハンドジャムの良い練習になるよ」とビレイのTさん。手も足も痛いです!

解散後は伊豆高原駅内の「食事処 信海」へ。お店の方の話によるとクライマーの皆さんが良い客になっているとか。干物好きの家族のためにお土産を購入しました(ここは干物鮮魚店を併設していて、閉店後でもお食事処で頼めば買う事ができますよ)。

YFクラブのクライミングイベントに興味のある方はこちらから

(いずみ)



Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。